»個別指導のIB早稲田トップ | »新国語力アップカリキュラム

動画で授業風景をチェック!


はじめに:IB早稲田が他と違うところ
IB早稲田は「ことば力」を大切にしています。言葉を聞き、文章を読みとって考える力・自分を表現する力は相手を思いやる心を育みます。そしてそれは今学習しているすべての教科のもとになるべきものです。学習する→訓練する→体で覚える→適切な表現や答えを生むの繰り返しが強い総合力を生みます。知識を一時的に得るためだけなら、そんなに難しいことではありません。訓練し、体で覚える「適切な空間とそこにいる人」が大切なのです。 IB早稲田は自習スペースの取り合いになるくらい、みなさんが積極的に塾を利用しています。それは彼らが自立するために孵化しているようでとても頼もしく見えます。そんな環境作りができることに我々は誇りを感じています。どうぞご遠慮なくIB早稲田を見に来て下さい。

「読む」「書く」「話す」「聞く」の4つのスキルを、言語の基本四技能といいます。言語を運用する上では、この4つのスキルをバランスよく伸ばすことが大切です。国語とは国の言語、すなわち日本度です。国語力を伸ばすためには、日本語力アップが欠かせません。

1.漢字練習
目指す級(目標)を明確にし、漢字検定を全員取得します。受験級に沿って、漢字の読み書きを練習し、正しく身につけます。

伸びる力=学習習慣力
2.新聞記事模写
新聞に目を通し、時事を強化します。書き写すことで、文章をより深く把握します。


伸びる力=速読力
3.意味を調べる
知らない言葉を調べ、ノートにまとめることで、正しいノートの使い方もマスターします。国語辞典の使い方も強化されます。

伸びる力=語彙力
4.要点まとめ
内容理解と文章をまとめます。



伸びる力=文章題解答力
     記述論述力
5.作文
正しい作文の書き方、考える力を身につけます。



伸びる力=作文力・小論文力
6.音読・ディスカッション
小集団授業の効果発揮の場。人の意見に自分の考えを述べたり、どうすればより良くなるかを互いに提案し合います。

伸びる力=総合的な国語力
     読解力


このカリキュラムって本当に効果があるの?
効果のほどは、実際に体験していただくのが一番!
興味のある方はお気軽に各教室までお問い合わせください。
上記カリキュラムは、スクールによっては開講していない場合もございます。
詳細はIB早稲田の塾各教室まで直接お問い合わせください。